FUJIROCK FESTIVAL 2011 前夜祭 report

2011年7月28日(木)
出発時刻は、昼前の11時半。
ここ京都は、決して天気、悪くはなかったのですが。

ドライバー、神風さん。
大変、お疲れ様でした。
特に、往路。
まさか、あそこまでの困難が待ち受けているとは

カーナビ と 雨

道中の1コマ。
ヒロシさんと、有限会社・秀の社長、大兼政さん。
まだこのとき、緊迫した空気なんぞ、これっぽっちもなかったのですが。
実はこのとき、現地、新潟県苗場スキー場の北の地域で、集中豪雨が発生。
高速道路、湯沢町の北側が、通行止め。
そんなこと、こちとらは全く知らないわけで。
北陸道の上越で、カーナビは長野市方向へと誘導。
カーナビの指し示すまま、
北陸道→上越 Jct.→上信越道→藤岡 Jct.→関越道→月夜野→苗場。
現地到着、夜8時!!
主催者側から、この時刻までには、到着・機材搬入を、
と言われていた時間、カツカツ。
遠回りさせられた理由が全くわからず、
マークさん、ブチ切れて、カーナビ、どついてブッ壊す!!
あ〜〜あ

RED MARQUEE 楽屋

前夜祭会場は、RED MARQUEE。
外は、ひんやりとした空気の小雨模様。
とにもかくにも、機材搬入終了。
と、ここで、SMASH WEST の責任者、南部さんと合流。
南部さんは、先に数日前から現地入り。

打ち合わせ中の、ヒロシさんと、元ルースターズの井上富雄さん。
井上富雄さんは、この前夜祭での、ZIG ZAG bassist としてだけではなく、
「苗場音楽突撃隊」のメンバーとして、
29・30・31 の3日間すべてにフル参戦。
INOUE TOMIO WEBSITE

RED MARQUEE 会場

RED MARQUEE

RED MARQUEE 会場内の様子。
舞台下手側から撮影。
会場キャパいっぱいの、5千人の大入り、とのこと。
写真では奥行き、ないように見えるけど、
かなり奥行き、あります。
(画像をクリックで拡大)

RED MARQUEE スタンバイ

本番前、最終チェック中のマークさん。
この FUJIROCK 直前、マークさん、iPad をゲット。
それからというものの、
インターネットの世界にハマりまくり。
ヒロシさんはスマートフォン、持ってるし。
ZIG ZAG、総デジタル化!?
(画像をクリックで拡大)

RED MARQUEE ライブ

zigzag

そして ZIG ZAG、FUJIROCK 2011 前夜祭でのライブ、開始。

Vo.&Gu. ヒロシ
Dr. マーク
Ba. 井上富雄

会場オーディエンスから、「ヒロシ!!」という声も。
「そうや、俺がヒロシや。」
(←↓画像をクリックで拡大)

zigzag zigzag zigzag

LIVE Preview

ZIG ZAG FUJIROCK FESTIVAL 2011 前夜祭 Preview

FUJIROCK FESTIVAL 公式サイトにて
2011前夜祭レポート!!
~ FUJIROCK EXPRESS'11 ~

( ↑クリックでリンク先へ )

rockin'on 公式サイトにて
FUJIROCK FESTIVAL 2011 前夜祭の模様が掲載!!
〜RO69が行く「フジロックブログ'11」〜

( ↑クリックでリンク先へ )

ライブ終了後・・・

トラブルもなく、ライブは無事、終了。
ホテルに戻り、マークさんの部屋にて、雑談開始。
そんな中に、さらに来客あり。
写真の一番左側、元ルースターズ、池畑潤二さん。
井上富雄さんと共に、
「苗場音楽突撃隊」のメンバーとしてエントリー。

約20年ぶりの3ショット。
このサイトのプロフィールでも触れていますが、
写真左側から順に、
池畑潤二さん、ヒロシさん、井上富雄さんの3人はかつて、
「H.J.T.」として活動。
そのときの曲を一曲、今回 ZIG ZAG としてレコーディングし、
ライブでも披露した、という流れです。
現在制作中の CD に収録予定。

、、、とは言え、こういう場、いえ、こういう場でなくても、
KING はやはり、マークさん。
ほとんど、マークさん一人の独壇場。
そんなマークさんのブログは、こちら。
MARK'S BLOG& マークのタイガース観戦記

番外編

明けて、7月29日(金)、帰路につく。
途中のサービスエリアで、昼食。
で、ですね。
マークさんが海老フライ定食を注文。
出て来た海老フライ、でかっ!!
思わず、写真を撮ったマークさんでした。
どこのサービスエリア?忘れた!!

スタッフ

CENTRAL MARKET RECORDINGS の運営会社、
有限会社・秀の社長、大兼政さん。
最近、淡路島をよく訪れるそう。
なので、「淡路島のことならオレに任せろ!」との発言も!?

冒頭、ドライバーで登場した神風さん。(写真右側)
ZIG ZAG スタッフとしてのキャリアは長く、経験豊富。
てことは、様々な事件の目撃者!?

ライブの写真、撮ってくれたのが、辻野さん。
ローリング・ストーンズのメンバー、
キース・リチャーズのステージ衣装は、辻野さん製作。
web サイト teenei

ZIG ZAG がいつもお世話になってる、
リハーサル&レコーディングスタジオ、
STUDIO IZ の責任者、富田君。
キャッチボールの相手は、マークさん。

そして、今回のレポートを担当したのが、わたくし、塩田。
新宿ロフト、京都磔磔、そして FUJIROCK と続いた
ライブ3連チャン。
皆様の協力により、無事、終了しました。